1. 時計◇宝石 タケカワ > 
  2. NEWS & TOPICS > 
  3. ブライトリング 2017年新作 ナビタイマー ラトラパンテが入荷致しました。

ブライトリング 2017年新作 ナビタイマー ラトラパンテが入荷致しました。

2017.12.23 新着バナー

ブライトリング2017年の新作
ナビタイマー ラトラパンテが入荷致しました。

どれくらい時間がかかったか。限られた時間を精密に計測し、見やすく表示する。クロノグラフの歴史を辿ると、人々の熱い探求心を感じます。
初期の時計は針が1本で、誤差も大きいものでした。そこから2本3本と針が増えていくにつれて誤差が小さく、そして機械も複雑に進化していきました。

そしてより詳しく時間を計りたいという思いがクロノグラフを出現させました。

クロノグラフは部品の多さや調整の難しさ等により、限られた職人・メーカーでしか組み上げることができない複雑機構に分類されます。
他にはズレないカレンダー「パーペチュアルカレンダー」や今の時間を音で知らせる「ミニッツリピーター」などが時計の複雑機構として有名です。
複雑機構の中で最もメジャーなものがクロノグラフといえると思います。

機能が増えるほど機械は複雑になります。ラトラパンテはその極致の1つです。
別名スプリットセコンドとも呼ばれるこの機能は、クロノグラフを作動させたままラップタイムを表示させようというものです。
スタートボタンを押すと2本の秒針が重なったセンターセコンド針が動き出します。
車のレースや長距離走などで一定距離を過ぎたときにリューズと一体化されたボタンを押すと、重なっていた秒針が2つに分かれます。
下側に重なっていたシルバーの秒針はその場に止まりますが、全体経過時間を表す上側の赤い秒針は止まらず動き続けます。
スプリット(分裂する)セコンド(秒針)という名前は、これが由来になっています。
通常のクロノグラフを更に複雑にした極限のモデルです。

自社製クロノグラフムーブ「キャリバーB03」では、情報を読み取った後にリューズボタンを押すと、止まっていたシルバーの秒針が動き続けている赤い秒針に追いつき、また一つとなって動きます。
クロノグラフが作動中であれば、この分かれて・追いついてを何度でも、必要な回数繰り返すことができます。
さらにボタンをリューズと一体化させることで、ナビタイマーらしいすっきりとしたケースデザインを崩さずに使用できます。

ブライトリングが拓く新たなクロノグラフの歴史をご覧ください。

A031B77NP_R-1

Ref:A031B77NP
価格:¥1,490,400(税込)

———————————————————————————

【取り扱い店舗】

タケカワ ブライトリング店
〒320-0802
栃木県宇都宮市江野町4-7 1F(オリオン通り内)
TEL 028-612-2213
営業時間 10:00~19:00
定休日 定休日なし(元旦のみ)

一覧に戻る <<